TOP
47.42score

Atsu

日本には、Altoがあると!

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


実は去年の年末にベースモデルのAltoが発売されてからずっと乗りたかったのだが、なかなか乗れずにいて僕にとってのAlto初試乗は最もホットなモデルであるRSからの試乗になってしまった。

Altoのターボ車、とりわけホットモデルというと僕らの世代で思い浮かぶのは「Alto WORKS」の存在だ。このRS、メーカーはWORKSの事実上の後継車では無いと主張しているが、やっぱり少しは意識したのでは無いか?そう考えたくもなる出で立ちである。

このRSは、変速機が話題の「AGS」のみ。クラッチペダルが無く、シフトレバーやステアリング部分のパドルで変速ができ、普段はAT車のようなイージードライブも可能なもの、と表現すればお分かり頂けるかと思う。
早速走り出してみると、やはりと言うべきか、AGS特有の変速ショックの大きさに驚く。1~3速、特に1~2速の変速ショックは、この変速機の構造を知らない人が同乗すると「何てヘタクソな運転してるんだ!」と怒られそうなくらい大きい。
AGSは基本がMTベースなので、通常のMTのギアと同じく、1~2速のギア比がかなり離れている。あとは普通のステップATやCVTとも勿論構造が違うので、「滑らかな変速感」とは程遠い。こういった変速機を持ったクルマに普段乗っている人がこのRSに(予備知識が無いまま)乗り換えると、クルマが故障してるんじゃないのか?と思うかもしれない。
しかし、勿論それは故障ではない。変速フィーリングは、むしろ同じ機構を持つVolksWagenのup!よりも断然良い。シングルクラッチのクラッチペダルレスMTでは、このSuzukiのAGSが国内で買えるものではベストと言えるかもしれない。

...さて、話がAGSの事ばかりになってしまったが、肝心の走りっぷりも見事だ。
ステアリングのアシストは適度に重く、ボディはベースモデルの軽さにスポーツモデルならではのボディ補強も相まって、乗っていてとても楽しい。このクルマが軽自動車である事を忘れさせてしまうくらいだ。「軽だから...」という妥協は、一切見て取れない。むしろ「軽だからこそ、凄いのだ!」と、胸を張って言えるクルマだ。

「軽いことは、正義」。物理法則に則って言えば至極当たり前の事なのだが、今回このRSに乗ってそれを再認識した。今や2人ないし4人までしか乗らないのであれば、軽自動車は色々なジャンルが選び放題。ドメスティックな自動車カテゴリーとはいえ、このクラスはかなり魅力的だ。しかし開発する側としては、制約だらけでかなり大変な事だと思う。

このAlto turbo RS、AGSのコツさえ掴めばこれ一台で普段の生活では困る場面はほぼ無いと個人的には思う。
試乗を強くお勧めしたい一台だ。

.

最終更新日:2015-04-10 20:41

コメント (0)