TOP
49.30score

Atsu

だれもが、しあわせになる。~2015~

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


全世界のクルマ好き待望の新型「Mazda Roadster」が発売された。やっと念願叶って試乗が出来たので、報告したい。

ひとことで言うなら「チョー気持ちいい!!」が最も適切な表現だろう。その具体的なインプレッションは後述するとして、今回のRoadsterの改良の肝は「軽量化とダウンサイジング」だ。
グレードにもよるが、1トンを切る車重。各部品の素材の見直しを更に図り、軽く出来るものは(コストが許す限り)軽く、応力がかからない部分はなるべく薄く…言葉で表現するのは実に簡単だが、これこそ地道な努力の結晶である。乗り込む前からMazdaのエンジニア達の熱い思いを讃えたくなる。

ボデイはワイド&ローであり、ロングノーズ&ショートデッキ。典型的な古典的スポーツカーの教科書通り。
今回試乗したクリスタルホワイトパールマイカの塗色では、特徴的なキャラクターラインやボディ造形の抑揚がぼやけて見えるが、近年のマツダの象徴であるソウルレッドではこの美しいボディラインを堪能できる。

内装も近年のマツダ車と統一感のあるもの。ローポジションのシートが、僕の心をスポーツマインドにシフトさせてくれる。今回、事前に仕入れた情報でステアリングの調整機構にテレスコピックが付いていないと知っていたのでセールスの方に尋ねると、Mazdaには感覚的性能を数値化できるテスターがあるらしく(広島?横浜?そこは不明)、シートの調整で十分ステアリングに手が届く設計になっているとの事から、テレスコピックは採用されなかったとの話。いかにもMazdaらしいエピソードだ。

前置きが長くなった。走り出そう。
理屈はいらない。軽い!とにかくそれに尽きる。これまで軽いクルマは多く乗ってきたが、軽さと気持ち良さが両立するクルマを、僕はRoadster以外知らない。ボディ、操作系、操舵系、駆動系…すべてが軽いのだ。
特にステアリングフィール、ショートストロークのシフトの味付けは絶妙。しっとりとしているのに、しっかりと路面をとらえるステアリング、コクコク決まるシフト。タイヤのグリップに依存しないシャシーにも好感が持てる。
初めて乗るのに、あたかも自分のクルマであるような感覚(錯覚?)にさせてくれるクルマ。これこそがRoadsterだ。ずっと乗っていたくなった。

新型Roadster(以下ND)はきちんと初代(以下NA)の路線を継承している。市場のニーズ(主に北米)により拡大&モアパワー路線を歩んだ二代目NB、更に安全&快適路線にシフトした先代NC。僕は実は昔、NBのNR-Aを買おうかと真剣に悩んだ事がある。でも、もうそんな日々とはおさらばできそうだ。NDに出会えたから。

僕はNDで、幸せになる…かもしれない。

.

最終更新日:2015-05-24 18:26

コメント (0)